たこ焼きの移動販売車を作りました。

滋賀県のパチンコ屋さんの駐車場で移動販売車をお置いて、たこ焼きの販売をされるそうです。
あちらこちらで屋台で、たこ焼き販売をされているということでした。移動販売車で売る場所を確保するのが難しい現状なので場所があるというのはラッキーです。

滋賀県のお知り合いのパチンコ屋さんから、お客さんがいつくようにたこ焼きの屋台を置いてほしいと依頼があったのそうですが、保健所の屋台での規制が厳しくて販売が考えにくい状況だということでした。そこで移動販売車であれば比較的規制が緩いので、ということで依頼がありました。実際には駐車場に止めっぱなしになるので、まあ車検切れの車であっても良いのです。

ということなので移動販売車は最安値のもので良いということです。車は中古車を40万程度で調達されて持ち込み、シェルは荷台に新品で製作です。塗装なし、内装もなしです。ただ高さだけは170cm以上の販売員が立てるようにということだったので、10cmのケタを足しました。これを足さないと165cm程度までの方しか立てません。

IMG_0834

完成した移動販売車がこちらです。これが基本タイプとなります。ここから塗装をしたり後部も跳ね上げ扉をつけたり内装もパネルを貼ったり、テーブル、シンク、給排水設備、電気設備などを付け加えていきますが今回は電気は現地調達でガスはボンベを自分のtころにあるものを積むといことでした。シンク・手洗い・給排水というのは保健所に営業許可をもらうための必須要件ですが、こちらも中古のシンクを購入して屋根に乗せたポリタンクから水を給水する、排水は現地の溝に流すということです。給排水の方法などは説明させていただきました。とても簡易的で安く出来ました。1種の営業許可であれば、自治体によりますが、この方法でも出来ると思います。

皆さん案外、難しく、お堅く考えておられる方が多いのですが、1種は基本、考え方は簡単です。詳しくは各自治体にお問合せください。また移動販売に関することはこちらの移動販売車協会でもいろいろと相談にのってもらえると思います。

実際に移動販売車を見てみたい、作りたいという方は下記にお尋ねください。

072-220-9246
ボックキッチンカーの久保まで、ご相談ください。

IMG_0835-net